1. HOME
  2. Blog
  3. IPFS/Filecoinの基礎知識
  4. Filecoinマイニングの仕組み

BLOG

ブログ

Filecoinマイニングの仕組み

一般的なブロックチェーンにおいて、「マイナー」とは、新たなブロックチェーンを生成するために必要な作業を行うネットワーク上の参加者のことを指しています。その作業の見返りとして、マイナーは暗号通貨を得ることができます。例えば、bitcoinでは、マイナーは大量のハッシュ計算を行うことでブロックを生成し、見返りとしてbitcoinを得ることができます。

Filecoinのマイナーは、bitcoinのように計算能力を提供するわけではありません。その代わりにストレージ容量をデータを保存したい利用者に提供します。

マイナーの種類

Filecoinのマイナーにはいくつか種類があります。ここでは、主なマイナーであるストレージマイナーとリトリーブマイナーについて説明します。

ストレージマイナーは、クライアントのデータを保存し、ある期間、ストレージにデータが保存されていることを証明することで、Filecoinを得ることができます。ブロックの報酬と取引手数料を獲得する確率は、ハッシュの計算量ではなく、マイナーがFilecoinネットワーク上に提供したストレージの量に比例します。

リトリーブマイナーは、クライアントとのファイル検索の取引をする参加者です。特定のファイルをネットワーク上からクライアントに提供することでFilecoinを獲得します。報酬はファイルサイズの市場価値によって決定されます。リトリーブマイナーの帯域幅と取引の入札/初期応答時間(待ち時間とクライアントへの近接性)によって、ネットワーク上で検索取引を成立させる能力が決まります。リトリーブマイナーの最大帯域幅は、それが行うことができる取引の合計量になります。

取引(Deals)

Filecoinネットワークの参加者は、ストレージの保存や検索など、両者の間で合意された特定の価格で契約する「取引」を行えます。以下、取引の流れを説明しようと思います。

クライアントは、利用可能な容量、期間、価格により、保管するマイナーを選無ことができます。その後、取引の総コストをカバーするのに十分な資金を関連するウォレットに支払い、マイナーが保管契約に同意すれば、取引が公開される流れになります。

取引が公開された後、クライアントはストレージ用のデータを準備し、それをマイナーに転送します。すべてのデータを受信すると、マイナーはデータをセクターにパックして封印し、ブロックチェーンへの証明の提出を開始します。最初の確認が行われると、クライアントはデータが適切に保存されていることを確認でき、取引が正式に開始されます。

取引の存続期間中、マイナーは継続的に証明をブロックチェーンに提出しなければなりません。クライアントは、以前にロックした資金を使用して段階的に支払いを行います。ファイル保存の証明が欠落していたり、遅れている場合、マイナーは処罰があります。

以上、Filecoinのマイニングについての説明でした。

Related posts